メディカルシステム研修所の出版物(テキスト通信販売)  
 

最新刊

最新脳波標準テキスト 第6版 2020年1月16日発行

 
研修所の非常勤講師による書籍のご案内


研修コース用テキストを販売しています。   
市販の本では分からないことが分かる、しかも分かりやすいと定評の、 メディカルシステム研修所が
発行する研修コース用テキスト。  研修に参加されない方にも販売しています。               
お申込みは→



 循環器系  @『心電図の心』最新心電図標準テキスト
  \2,400  2018年7月発行、最新改訂版です。
            「12誘導心電図コース」 で使用
 

         A完全図解心電図(基礎・不整脈編)  (2018.3発行) \1,000
            「ナース・救急隊員のための心電図セミナー・半日基礎・不整脈コース」 で使用  

         B 完全図解心電図(虚血・電解質編)  (2018.4発行) \1,000
            「ナース・救急隊員のための心電図セミナー・半日虚血・電解質コース」 で使用

         C心電図のなぜ? 1日セミナーテキスト  (2009.6発行) \1,000
            「心電図のなぜ? 1日セミナー」で使用

 脳神経系  D最新脳波標準テキスト 改訂第6 2020年1月16日発行 \5,500 2020年1月発行、最新改訂版です。
            「脳波基礎コース(測定基礎・実技・読み方)」 「臨床脳波マスターコース」 で使用

          E脳誘発電位測定ハンドブック  (2004.5発行 ) \2,000 在庫なし
            「脳誘発電位技術コース」 で使用

   価格はいずれも消費税込み。
   送料は一律300円(消費税込み)です(本の種類、冊数、地域によりません)。
  
   代金は、到着後銀行振込でお願いいたします。振り込み手数料はご負担ください。      

ポケット知識シリーズのお申し込みはこちらへ 


『心電図の心』最新心電図標準テキスト

心電図の「心」を知る・・・
心臓はなぜこの波形を出しているのか。心臓はその波形から私たちに何を知ってほしいのか。心電図を見ることは、それを理解することであり、「心電図の心」を知ることにほかなりません。 心電図に関する本は医学書の中でも最も多いものですが、「ではなぜそうなるのか?」 という多くの方の疑問に答えてくれるものはなかなかありません。 

かゆいところに手がとどく・・・
多くの方のこうした疑問に答えるために、この本を作りました。心臓でなぜ電気が起きるのか、それがどのようなしくみで心電図として見えるのか、異常が起きた時になぜその形になるのかといった、他の本ではなかなか分からないことを、「かゆいところに手が届く」ように「とにかく図解!」で説明しています。

なるほど、そうだったのか!
定評のあった旧版を改訂しさらにパワーアップ他の心電図本ではわからないことが分かります!

  A4版189ページ   
  著者:岡田保紀  
     (メディカルシステム研修所所長)  

 今まで他の本では分からなかった、  
  心電図の「なぜ?」が分かる!   

   ・心筋活動電位の発生と心電図波形の意味  
   ・なぜこんな波形になるのか  
   ・なぜ電解質異常や虚血障害で異常波形が出るのか  
   ・なぜ不整脈が起きるのか、その判読のポイント  

内容の見本は・・・  
ここをクリックして内容見本をご覧ください(PDF約900KB) 

詳しい内容は・・・  
ここをクリックして目次をご覧ください(PDF約200KB)  

 定価2,400円(消費税込み 本体2,222円) 

    「12誘導心電図コース」で使用します。
    事前にお求めの上、予約時にお申し出の方はテキスト代2,400円をお引きします。

    

お申込みは・・・  

   

メールで 

  

   
  


 



 

カラー版 「完全図解心電図 (基礎・不整脈編)」  

ナース・救急隊員のための心電図セミナー・半日基礎・不整脈コースで使用するテキストです。心電図モニタを使う際に必要な基礎事項を、1ページにつき2つずつの すべてカラーの図で説明し、解説文はごく短い箇条書きにとどめた、他に類をみないユニークな本です。 

これが本当の“目で見る心電図

 よくみかける「絵でみる・・・」「分かりやすい・・・」と銘うった心電図本。その多くが、「なぜ?」という理屈抜きの丸暗記でおもしろくなかったり、結局は漫画の登場人物が長々とせりふで解説したり、といったスタイルになってしまっています。
 本書では、そのような無駄な漫画や挿し絵などはいっさいなく、波形そのものや心電図に直接関係することだけを図解しています。
 心電図モニタをみる時のポイントを簡潔にまとめてありますが、なぜそうなるのかという理論もおろそかにしていませんので、見ておもしろく、納得しながら覚えることができます。
 

 この本は、心電図モニタを使う方がとりあえず困らないだけの知識をもち、自信をもって画面の波形を見ることができるように、という意図で作られています。これから心電図モニタを使う新人はもちろん、ベテランの方や検査技師にとっても基礎知識の再確認のために役立てていただけるものです。

  A4版53ページ   
  著者:岡田保紀  
     (メディカルシステム研修所所長)  

 他に例をみない、
  完全図解による心電図の基礎と不整脈   
   第1章:基礎編
    ・心電図波形の意味 ・モニタ波形の見方 ・正常な時間関係のチェックのしかた
    ・電極位置と波形の関係 ・いろいろな場合の電極のつけかた  
   第2章:不整脈編  
    ・不整脈の見つけ方 ・心室期外収縮の見つけ方 
    ・危険な心室期外収縮の見つけ方 ・心室頻拍とその他の頻拍発作の見つけ方
   第3章:波形異常編   
    ・電解質異常/心筋虚血のあらまし 

 ※モニタ心電図の本ですので、12誘導心電図についてはふれていません。

内容の見本は・・・  
ここをクリックして内容見本をご覧ください(PDF300KB)

 定価1,000円(消費税込み 本体953円) 

    「ナース・救急隊員のための心電図セミナー」で使用しますが、本セミナーはテキストが
    セットになっており、すでにお持ちの方もテキスト代はお引きいたしません。

  

   ・・・  

お申込みは・・・  

   

メールで 

  

   
  


 
カラー版 「完全図解心電図 (虚血・電解質編)」 

ナース・救急隊員のための心電図セミナー・半日虚血・電解質コースで使用するテキストで、「完全図解心電図(基礎・不整脈編)」の姉妹編です。心電図モニタでは不整脈とならんで最も重要な虚血性心疾患および電解質異常を見る際に必要な事項を、1ページにつき2つずつの すべてカラーの図で説明し、解説文はごく短い箇条書きにとどめた、他に類をみないユニークな本です。 

これが本当の“目で見る心電図

電解質イオンと心電図波形の関係、電解質異常や虚血が起きた時に波形が変わる理由について、「これだけ知っていれば納得できる!」というポイントを、すべて図を使って説明しています。

心電図の中でも難しいとされるこの分野について、多くの図を使ってごく基礎的なことから分かりやすく解説しますので、今まで疑問だった「なぜそうなるのか?」ということについて納得していただけます。これからは自信をもってモニタを見ることができるでしょう。

  A4版43ページ   
  著者:岡田保紀  
     (メディカルシステム研修所所長)  

 他に例をみない、
  完全図解による虚血と電解質異常  
   第1章:基礎編
    ・電解質イオンと心電図発生のしくみ ・波形の上向きと下向き  
   第2章:電解質異常編  
    ・高K血症で起きることとその波形 ・低K血症で起きることとその波形 
    ・高Ca血症と低Ca血症の波形
   第3章:心筋虚血編   
    ・虚血性心疾患と心電図の関係 ・虚血によるT波の変化 ・障害によるSTの変化
     ・梗塞によるQ波の変化  

 ※モニタ心電図の本ですので、12誘導心電図についてはふれていません。

内容の見本は・・・  
ここをクリックして内容見本をご覧ください(PDF200KB)

 定価1,000円(消費税込み 本体953円) 

    「ナース・救急隊員のための心電図セミナー」で使用しますが、本セミナーはテキストが
    セットになっており、すでにお持ちの方もテキスト代はお引きいたしません。

  

   ・・・  

お申込みは・・・  

   

メールで 

  

   
  



 

カラー版 「心電図のなぜ? 1日セミナーテキスト」  2016.3.1 発行

「心電図のなぜ? 1日セミナー」で使用するテキストで、心電図を扱う多くの人が疑問に思っていることをテーマをしぼってとりあげ、すべてカラーの図解で分かりやすく解説しています。

なぜ?が分からない。でも、本を読んでも分からない・・・。
    それがこの本で分かる! ユニークなテキスト。

カリウム異常でT波が変わる?。虚血があるとSTが下がる?。心室期外収縮はなぜあの形か?。多くの人が疑問に思いながら、市販の心電図の本を見てもなかなか納得できる解説がなくそのまま過ぎてきたことがあります。

この本では、疑問に思っている人が多い次の4つのテーマをとりあげ、他の市販の本にはない分かりやすい図解を使って解説します。

その1のなぜ? 高K血症では なぜ テント状T波になるのか?
           【心電図の発生と電解質異常】

その2のなぜ? 心室期外収縮のR波とT波は なぜ 逆向きなのか?
           【心電図の見えるしくみと不整脈の波形】


その3のなぜ? 期外収縮は なぜ T波の直後に起きるのか?
           【調律の決まり方と不整脈の発生】

その4のなぜ? 虚血障害があると なぜ STが偏位するのか?
           【虚血性心疾患の波形】


  A4版40ページ   
  著者:岡田保紀  
     (メディカルシステム研修所所長)  

 ※上記4つのテーマのみに絞って解説しており、心電図の全体についてふれている本ではありません。
   これ以外の内容についても知りたい方は、「最新心電図標準テキスト」(カラー版ではありません)を
   ご覧ください。

内容の見本は・・・  
ここをクリックして内容見本をご覧ください(PDF78KB)

 定価1,000円(消費税込み 本体953円) 

    「心電図のなぜ? 1日セミナー」で使用しますが、本セミナーはテキストがセットになっており、
    すでにお持ちの方もテキスト代はお引きいたしません。

  

   ・・・  

お申込みは・・・  

   

メールで 

  

   
  




「最新脳波標準テキスト」 改定新版1月発行!

脳波基礎コースおよび脳波マスターコースで使用するテキストです。  
脳波検査に必要な知識を最大限網羅した、臨床検査技師のための最適の書をめざしたものです。150点以上の脳波の例を掲載していますが、そのほとんどすべてがオリジナルです。 

とくに、新しい時代の脳波計=デジタル脳波計については、従来からの定説や古典的な本の内容にはこだわらず、最新の知見に基づいた活用法を詳述し、現場で役立つテキストを目指しています。 

 ・「脳波が記録される原理」「脳波とはなにか?」「誘導法による波形の違い」の基礎部分の解説をさ
   らに増強し、経験の浅い方でも正しい脳波が間違いなく記録できる指針を目指しました。

 ・デジタル脳波計の原理と使用上の注意について詳細に解説し、その特徴であるリモンタージュを
  使いこなす方法を解説しました。
 ・かなりの臨床波形を最新のものに差し替えました。
 ・カラーデータを掲載し、よりわかりやすくなりました。
 ・AASM(アメリカ睡眠医学会)の2007年度版判定マニュアルの採用など、今日におけるできるだけ
  最新の知見に準拠しました。

 ・引き続き、日本臨床神経生理学会による改訂臨床脳波検査基準2002年版を収録しています。


  A4版296ページ 
  監修:末永和栄(臨床脳波マスターコース講・東京睡眠医学センター、レムスリーププロダクツ)   
  著者:末永和栄  
      岡田保紀 (脳波基礎コース講師・メディカルシステム研修所所長)  

  脳波の原理からアーチファクトまで・・・  
   ・脳波検査の原理をわかりやすい図解で。  
   ・臨床検査で悩む境界領域脳波を詳しく。 
   ・豊富な臨床症例を掲載。 
   ・睡眠脳波と睡眠障害を多くの波形で解説。
   ・アーチファクトを多くの実例で解説。   
   ・デジタル脳波計の原理と特徴、使いこなし法を詳述。

内容の見本は・・・  
ここをクリックして内容見本をご覧ください (PDF2.3MB)

詳しい内容は・・・  
ここをクリックして目次をご覧ください(PDF220KB)   

定価 5,500円(消費税込み)   

    「脳波基礎コース」および「脳波マスターコース」で使用します。
    事前にお求めの上、予約時にお申し出の方はテキスト代をお引きします。


お知らせ

旧版(第5版)の在庫が若干あります。
細部の変更はありますが、基本的な内容は最新第6版とほぼ同じです。
半額の2,500円(消費税込み)でお分けします。送料300円。
ご希望の方はメールでご連絡ください。

 
 

   ・・・  

お申込みは・・・  

   
   

メールで



「脳誘発電位測定ハンドブック」   現在在庫がありません。

脳誘発電位技術コースで使用するテキストで、これまでの版をさらに改訂補強したものです。  
脳誘発電検査はその範囲が多岐に渡るため、実践で役にたつ知識を身につけるには困難を伴います。このテキストは、研修所での長年に渡る教育の経験に基き、検査に必要な知識を最大限網羅した、臨床検査技師にとって座右の書といえるハンドブックです。  

  A4版125ページ   
  編者:武田千晴  
     (メディカルシステム研修所)  

  すべての誘発電位の測定技術を網羅  
   ・誘発電位測定の基礎知識から、事象関連電位まで  
   ・測定法や電極位置を分かりやすい図解で  
   ・条件の違いや波形の読み方を、豊富な波形例で解説  
   ・日本脳筋学会の新しい誘発電位測定指針(1997)に準拠  

内容の見本は・・・  
ここをクリックして内容見本をご覧ください。(html形式340KB)  

詳しい内容は・・・  
ここをクリックして目次をご覧ください。 (html形式15KB) 

 定価2,000円(消費税込み 本体1,905円) 

    「脳誘発電位技術コース」で使用します。
    事前にお求めの上、予約時にお申し出の方はテキスト代2,000円をお引きします。

  

   ・・・  

お申込みは・・・  

   

メールで

 



 

 

トップページへ