脳誘発電位測定ハンドブック 目次


第1章:誘発電位測定の基礎
1-1.誘発電位とは 8
1-2.平均加算法(同期加算法)8
1-3. 神経細胞における電位の発生と伝導 9
  @神経細胞 9
  A細胞の活動電位の発生 10
  B神経線維での伝導 10
  Cシナプスでの伝導 11
1-4.遠隔電場電位と近接電場電位 12
1-5.電極 13
  電極の種類 13
  電極の性質 13
   @接触インピーダンス 13
   A分極電圧 14
  銀電極のエージングの方法 14
  銀・塩化銀電極 14
1-6.差動増幅器 14
  同相分弁別比(CMRR) 15
1-7.アーチファクト 16
  生体信号の入り方とその除去 16
  交流障害の入り方とその除去 16
   洩れ電流 16
   静電誘導 16
   電磁誘導 17
   他の機器からの影響 17
   電極による影響 17
第2章:聴性誘発電位
聴性誘発電位(AEP)−Auditory Evoked Potential 20
2-1.聴性脳幹反応(ABR)−Auditory Brainstem Response 20
  @聴神経の伝導路 21
  AABR波形の起源 21
  BABRの測定方法 22
  C波形の特徴 23
   ABRの正常値 23
   a.音圧の変化とABR 25
   b.片側刺激のABR 25
   c.筋原性反応とABR 25
  DABRの臨床応用 26
   a.他覚的聴力検査 26
   b.聴神経路・脳幹機能の把握 28
    乳幼児に対する注意 29
   c.聴神経路・脳幹機能のモニタリング 30
    共通する一般的注意事項 30
    手術室でのモニタリング 31
    病棟でのモニタリング 32
  E波形に影響を与える因子 33
   a.被検者に由来するもの 33
   b.刺激音に由来するもの 36
   c.記録計に由来するもの 38
   d.波形に影響を与える病態 38
    強度の表示(音圧の表示法) 39
    ABR測定用ヘッドホンについて 39
2-2.聴性中潜時反応(MLR)−Auditory Middle Latency Response 40
2-3.頭頂部緩反応(SVR)−Slow Vertex Response 41
2-4.蝸電図(ECochG)−Electrocochleograph 42
   a.電極の装着部位 42
    鼓室内誘導法 42
    鼓室外誘導法 42
   b.測定条件 43  
   c.波形の持徹 43
    CM(Cochlear Microphonics):蝸牛マイクロフォン電位 43
    SP(Summating Potential):加重電位 44
    AP(Compound Action Potential):聴神経複合活動電位 44
■耳音響放射(otoacoustic emission:OAE) 45
第3章:視覚誘発電位
視覚誘発電位(VEP)−Visual Evoked Potential 48
  刺激の種類 48
  視覚伝導路 49
  眼球の仕組み 49
3-1.大脳視覚誘発電位(VEP)−Visual Evoked Potential 50
  @パターンリバーサルVEP 50
   a.電極の装着部位 50
   b.測定条件 50
   c.波形の特徴 51
   d.波形に影響を与える因子 52
  AフラッシュVEP 56
   a.電極の装着部位 56
   b.測定条件 56
   c.波形の特徴 57
3-2.網膜電位図(ERG)−Electroretinograph 57
  @フラッシュERG 57
   フラッシュERG検査の分類 57
   a.電極の装着部位 58
   b.測定条件 59
   c.波形の特徴 60
   d.波形に影響を与える因子 62
  AパターンERG 64
   a.電極の装着部位 64
   b.測定条件 64
   c.波形の特徴 64
■Steady State VEP 66
第4章:体性感覚誘発電位
体性感覚誘発電位(SEP)−Somatosensory Evoked Potential 70
  SEPの分類 70
  深部感覚系の伝導路と大脳の機能局在 70
  波形の名称 72
  SEPの測定方法と波形に影響と与える因子 72
  刺激アーチファクトによる基線の変動 75
  ハムフィルタの影響 75
4-1.上肢刺激のSEP 76
  @皮質SEP(上肢)−Upper Extremity Cortical SEP 76
   a.電極の装着部位 76
   b.測定条件 77
   c.波形の特懲 77
   d.皮質SEPの臨床応用 77
  A上肢刺激の短潜時SEP−Upper Extremity Short Latency SEP 78
   a.電極の装着部位 78
   b.測定条件 81
   c.波形の特徴と正常値 81
   d.SSEPの発生起源 82
   e.SSEPの臨床応用 82
  B中枢伝導時間(CCT)−Central Conduction Time 83
   a.電極の装着部位 83
   b.測定条件 83  
   c.波形の特徴 83
4-2.下肢刺激のSEP 84
  @皮質SEP(下肢)−Lower Extremity Cortical SEP 84
   a.電極の装着部位 84
   b.測定条件 85  
   c.波形の特徴と正常値 85
   d.皮質SEPの臨床応用 85
  A下肢刺激の短潜時SEP−Lower Extremity Short Latency SEP 86
   a.電極の装着部位 86
   b.測定条件 88  
   c.波形の特徴と正常値 88
   d.SSEPの臨床応用 89
4-3.その他の刺激部位 91
  @三叉神経刺激SEP(TSEP)−Trigeminal nerve Somatosensory Evoked Potential 91
   a.電極の装着部位 91
   b.測定条件 91
   c.波形の特徴 92
  A眼輪筋反射・瞬目反射(Blink Reflex) 93  
   a.電極の装着部位 93
   b.測定条件 93
   c.波形の特徴 93
第5章:事象関連電位
事象関連電位(ERP)−Event Related Potential 96
  事象関連電位に影響する心理的要因 96
  事象関連電位の記録上の注意 96
  記録の一般的な注意事項 97
  脳の高次機能  98
5-1.P300 99  
  オドボール課題 99
  a.電極の装着部位 100
  b.測定条件 100
  c.波形の特徴 101
5-2.随伴陰性変動(CNV)−Contingent Negative Variation 102
  a.電極の装着部位 103
  b.測定条件 103
  c.波形の特徴 104
5-3.運動関連脳電位(MRCP)−Movement Related Cortical Potential 105
   プリトリガアベレージ 105
  a.電極の装着部位 106
  b.測定条件 106
  c.波形の持徹 107
5-4.ジャークロックアベレージ(JLA)−Jerk-Locked Average 108
  a.電極の装着部位 108
  b.測定条件 109
  c.波形の特傲 109


通信販売のページへもどる