脳波の異説 Q&A

 
                      トップページへもどる 

 
 
 
 

脳波のなぜ?その1
脳波のなぜ?その2
脳波のなぜ?その3

脳波の誤解?

“ゲーム脳の恐怖”の脳波について


Q1;脳が活性化すると脳波は増えるか?  

Q2;脳の活動度が高くなるとα波が大きくなるのか?                          

1929年のHans Berger以来70年を経た現在でも、いまだに異論が出ることが多いのはこれであろう。
脳波は大脳皮質の膨大な数のニューロンネットワークにおける情報処理過程を反映しており、通常はその分散性の高さのために同期することはなく、一定の形で見えることはないが、覚醒時で安静閉眼にしている時には、ある程度同期性が高まって一定の繰り返しで振幅が大きい波形、すなわちα波として観測される。
しかし、なにか情報処理を行うと、とたんに分散性が増大して同期性が低下するために、原則として、すべての波は減少する傾向になる。中でも、同期性の高いα波の変化が大きく、安静時に出ていたα波が活動状態で減少もしくは消滅することをα-attenuationといっている。またβ波の成分もほとんどの場合減少する傾向にあるが、その変化はα波に比較して小さい。  
したがって、正常な脳では、脳が活動したり、より活性化した時に脳波が増えるとか、α波が大きくなるということはなく、その他の何かの波形が出てくるということもない。
これは、現在の臨床医学における脳波検査では周知のこととして、これを基準にして判定している。  

しかし、この点については、以下のような異説が述べられていることがある。

あるホームページ(※)に掲載されていた論文の主旨・・・

鍼灸師と患者の脳波の比較・・・
触診を始め、鍼を打つ部位を特定しようとするにしたがって、施術師のアルファ波は振幅が次第に小さくなるが、その影響を受けずに患者Bのアルファ波は変わらない。 このことは、施術師の大脳皮質の電気的活性度は低くなっているが、患者Bの大脳新皮質の電気的活性度は高いままであることを示している。つまり、何かを考えていることを意味している。 針を刺した瞬間、施術師の脳波にスパイク状の強いアルファ波が観察されたが、患者Bの脳波は影響を受けず、同期したスパイク状のアルファ波が観察されなかった。 鍼を抜くまでの間、及び灸をしている間、患者の脳波の振幅は相変わらず大きく、大脳の皮質の部分の電気的活性度は高いと思われる・・・

ここでは、「α波の振幅が小さくなっていることが大脳皮質の電気的活動度が低くなっている」ことで、「α波が小さくならず大きいままであることは、活動度が高く何かを考えている」ことであるとしている。

これに対するメディカルシステム研修所の見解。

ニューロンおよびシナプスにおいては電気的活動度の程度によって発生する電位の大きさは変化し、それが脳波にも反映する。これは個体差や年齢による変化、あるいは病的な変化がある場合には現れるが、考えごとをしたりしなかったりという通常の活動状況によってはほとんど変化はない。
正常な人で同時期であれば、脳波として現れる波形の大きさはニューロンレベルでの活動度の差は皆無とはいえないがほとんどなく、多くのニューロンが発生した電位変化の同期性の違いによるものが支配的であると考えられる。したがって、α波の振幅が大きいままであるということは、活動度が高く何かを考えていることではなく、逆に何も考えてはいない活動度の低い安静な状態である可能性が高いと考える。

上記論文ではこのような考え方とは逆ともいえる見解が示されている。われわれは医学的脳波検査に携わる立場からはこれとは違う考えをもっているが、現在医学以外でもさまざまな分野で脳波の測定や研究が行われており、そのような立場ではこのような異なる解釈も提示されている。

また、鍼を刺した瞬間に「スパイク状の強いアルファ波が出現した」とある。これはアルファ波の形状がスパイク状ということではなく、一瞬大振幅のアルファ波が記録されたという意味のようであるが、鍼を刺すという動作をした時にアルファ波が安静時よりも一瞬大きくなるということは考えにくい。この実験では前頭部の脳波を見ているが、ここは脳波のレベルがもっとも低い反面、筋電図、眼球運動、瞬目などのアーチファクトが非常に入りやすい部位である。したがって、原波形が示されておらず、またアーチファクトの処理方法も提示されていないので、これが本当に純粋なアルファ波であったのか、そうであればなぜ振幅が増大したのかということについては論評できない。われわれがこれまで知り得なかった「何か」が起きていたのかもしれない。

付記

「スパイク状のアルファ波が観察される」とあるが、ここではアルファ波の振幅値を縦軸にとり時間軸を圧縮して経時変化を示したグラフが掲載されていて、そこで瞬間的に振幅が増大した部分をこのように表現している。したがって、「スパイク状のアルファ波」ではアルファ波そのものの形状がスパイク状と誤解するので、正確な表現としては「アルファ波振幅の経時変化の形状がスパイク状になっている」とすべきであろう。

※上記論文は http://www.alphacom.co.jp/library/subtle_eng_03.html で全文が参照できるので、詳細はそちらを参考にされたい。 

もどる  つづき

 

 

 

 
 
 
  
トップページへもどる