VEPポケット知識(視覚誘発電位入門) 目次


広義の視覚誘発電位(VEP)とは、光刺激により網膜で生じる網膜電位図(ERG)と、その刺激が視神経を伝導し大脳視覚野に達しそこで生じる大脳視覚誘発電位(VEP)を総称sたものdす。フラッシュ光を用いたこれらの検査は、網膜での光受容体の機能検査およびそれによる大脳での視機能検査として利用されてきました。
最近では、パターンリバーサル刺激を用いた網膜神経節細胞や視神経の検査、視交叉部および視交叉後の視覚伝導路の検査が臨床の場で広く行われるようになっています。
本書は、これらの検査の測定法法についてわかりやすくまとめたものです。

 

1.視覚系の解剖・・・・・・・・・・・・1
  視覚系の伝導路
  眼球のしくみ

2.VEPとは・・・・・・・・・・・・・3
  VEPの種類
  VEP検査の主な適応
  VEP検査の臨床応用

3.VEPの測定方法・・・・・・・・・・7
   ・電極の装着方法
   ・測定条件
   ・測定方法
   ・波形のよみ方
   ・波形の特徴
   ・正常条件
   ・波形に影響を与える因子
  パターンリバーサルVEP
  フラッシュVEP
  フラッシュERG
  パターンERG
  Steady State VEP

4.VEP解釈のポイント・・・・・・・・20

5.きれいなVEPを測定するために・・・24

参考図書
参考文献
  

ポケット知識ページへ戻る