第34回(2012年)、第2種ME技術実力検定試験(9月9日実施)

回答例(2012.9.17)

過去の解答  25回(2003年) 26回(2004年) 27回(2005年) 28回(2006年)
         29回(2007年)  30回(2008年)  31回(2009年)  32回(2010年)
33回(2011年)

これはメディカルシステム研修所で作成したもので、間違いがあるかも知れません。 
下記注のように、いくつか疑問点もあります。
間違いや
ご意見がありましたら、ぜひメールでお知らせください。   → okada@kenn.co.jp                



 
午前回答午前回答午後回答午後回答
1231113314
2232421322
3433331331
4334341343
5

1

35555351
6436463361
7137274375
8438585384
9139294393
103403103402
112414112415
125424 124424
135432132435
143444144443
15345(1)※3155454
165462161461
172472172473
185485183 482
194495192495
201501205502
21151

4

213514
225521225523
233535232531
244,3※1543241544
252553254551
26556426256※4
27(1)※2571273573
282585282582
293593295592
303601304601

※1 3),4)共に正解と考えられる。

※2 明らかな正解はない。接地してもシールド電位が0になるとは限らないが、選択枝の中からあえて選ぶとすれば(1)か。

※3 正解は2μVなので、選択枝の中にはない。しかし、「およそいくらか」という設問なので、もっとも近いのは(1)ということになる。よい問題とはいえない。

※4 患者回路連続性モニタは電極の生体への接触を検知しており、監視できるのは3)のみ。その他はすべて監視できない。問題文が「監視できる」であれば正解は3)になるが。,




トップページへもどる