脳誘発電位技術コース

 日程と会場は→こちら


理論から測定ノウハウまで。検査現場に即した親切指導。

近年、脳神経の分野で診断価値の高い検査法として普及しているのが脳誘発電位測定法ですが、その種類によって異なったノウハウが必要で電気生理検査のなかでも難しいものです。
本コースは、誘発電位のなかでも臨床検査として行われることの多いABRとSEPについて、原理と測定法、読み方についての基礎知識を実習を含めて学んでいただくものです。

教科書もいくつかは市販されていますが、各誘発電位検査のそれぞれでさまざまな技術を要するため、たとえ高名な先生の書いた本を読んでも実際に役に立つテクニックを身につけることはなかなかできません。
本コースは、講義もさることながら、特に基礎コースでは少人数で行う実習に十分な時間をかけるのが特徴です。しかも、担当する講師は、臨床検査技師としての豊富な実地経験はもちろん、教育面においても多くの実績をもつています。したがって、これから本格的にABRやSEP検査を行おうとする方にとって、教科書では学ぶことのできない測定テクニックを身につけるために、まさに最適の研修内容です。

ABR・SEP基礎実技コース(1日間)

対象とする方

・ABR・SEPをこれから行おうとする方、実技の基礎を学びたい方方(定員 各会場16名)

おもな研修内容

1)聴性脳幹反応(ABR)
   ・ABRの原理と意味
   ・測定方法
   ・波形の特徴と意味
   ・測定実習

2)体性感覚誘発電位(SEP)
   ・SEPの種類と原理
   ・測定方法
   ・波形の特徴と意味
   ・測定実習(上肢・下肢)


※テキスト(脳誘発電位測定ハンドブック第2版)は応用コースと共通です。
※都合により内容の一部を変更することがあります。
※昼食をご用意します。

講 師:   所司睦文(九州保健福祉大学・教授) 

        武田千晴(メディカルシステム研修所・講師)

受講料:  13,400円 (消費税含む)
        (2014年4月以降、消費税比率変更により料金改定しました。)

      両コース共通テキスト「脳誘発電位測定ハンドブック 第3版」 2,000円(消費税含む)

両コース共通テキスト

 

「脳誘発電位測定ハンドブック」  

2,000円(消費税含む)

同時に複数コースにお申し込みされた場合以外で、
テキストをお持ちの場合は、
お申し込みの際にその旨お申し出ください。


時間  各会場とも 10 :00〜17:00
       ※昼食をご用意します。



ABR・SEP臨床コース(1日間)

対象とする方

・ABRおよびSEP検査を行う、臨床検査技師の方で、臨床応用まで学びたい方(定員 各会場20名)

おもな研修内容

ABRおよびSEPについて、臨床波形判読を中心に解説。

1)波形導出の原理と検査のノウハウ

2)波形判読の考え方と臨床への応用

※本コースでは測定実習は行いません。実技演習から学びたい方は、基礎実技コースにご参加ください。

※テキスト(脳誘発電位測定ハンドブック第2版)は基礎コースと共通です。
※都合により内容の一部を変更することがあります。
※昼食をご用意します。

講 師:  上原昭浩(長野中央病院・検査科科長)

受講料:  13,400円 (消費税含む)

      両コース共通テキスト「脳誘発電位測定ハンドブック 第3版」 2,000円(消費税含む)

       同時に両コースにお申し込みされた場合以外で、
      テキストをお持ちの場合は、
お申し込みの際にその旨お申し出ください。

時間  各会場とも (1日間)  10:00〜17:00
      ※昼食をご用意します。


日程と会場は→こちら