脳波基礎コース
(測定基礎コース/実技コース/読み方コース)



 日程と会場は→こちら


“脳”が注目される時代。
     脳波でしか分からないことがある。脳波では分からないこともある・・・

正確な測定法は? 正しい読み方は? 
これからの脳波測定をよりよく行うための実践的基礎知識を身につける。


これまでなんとなくとってきた脳波、昔からやってきた方法・・・本当にそれでいいのか、もっといい方法はないのか、といった再検証を含めて、脳の生理学と脳波の発生機序から、その分類や読み方、さらに脳波計の取扱い上の注意や測定法まで、よりよい脳波測定に不可欠な基礎知識をわかりやすく解説します。 測定、読み方、実技の各1日コースで、どれか1日のみでも、続けてでも自由にお選びください。このコースは、これから脳波測定に携わろうという方や経験の浅い方はもちろん、もう一度基礎から学ぼうという方に最適のものです。臨床脳波検査を中心にしていますが、人間工学分野など臨床以外で脳波を扱う方にも最適です。

対象とする方

・脳波測定を基礎から学ぶ方。検査技師以外の方にもご参加いただけます。(定員30名、実技コースは15名)

主な研修内容

測定コース: 脳波の基礎、電極位置と誘導法、正常波形、脳波計の原理
(1)大脳生理学と脳波の基礎(脳波の発生とその意味、大脳の機能と分布)
(2)正常脳波の範囲(成人の正常脳波とその範囲
(3)電極位置と誘導法(10/20法とその他の方法、誘導法の種類)
(4)基準電極の違いと波形の関係(耳朶基準法、AV法、BNE法、SD法)
(5)脳波計のしくみ(アナログ脳波計とデジタル脳波計) 

実技コース:脳波計の扱い、電極装着法、アーチファクト対策、測定実技
(1)脳波計の使用法と注意
(2)電極装着法(皿電極、キャップ式電極)
(3)アーチファクトの種類と対策
(4)実技演習(皿電極の装着、脳波計の操作、モンタージュの切替、フィルタの設定等)             

読み方コース:正常脳波、睡眠脳波、異常脳波
(1)脳波の意味(生理学的な脳波の意味、脳波で分かること・分からないこと)
(2)正常脳波の読み方@覚醒時の脳波(成人の覚醒時脳波)
(3)正常脳波の読み方A睡眠時の脳波(成人の傾眠時、睡眠時の脳波)
(4)異常脳波の読み方@非突発性異常脳波(α、β波の異常、徐波化)
(5)異常脳波の読み方A突発性異常脳波(てんかんの脳波と賦活法)

※このコースは、成人の覚醒時脳波を基本とし、小児・高齢者の脳波についての詳細は、脳波マスターコースで行います。
※睡眠脳波は基礎的事項を解説し、睡眠障害については、脳波マスターコースで行います。
※実技コースでの電極装着は参加者相互で行います(被検者は参加者の中から出ていただきます)。
※各コースはそれぞれ1日で独立していますが、一部重複する内容があります。
※テキスト(最新脳波標準テキスト第4版)は、全コースおよび脳波マスターコースと共通です。
※都合により内容の一部を変更することがあります。

講 師: 岡田保紀(メディカルシステム研修所・所長)

受講料: 測定基礎コース 11,300円 消費税含む
       実技コース    11,300円 消費税含む
       読み方コース  11,300円 消費税含む

テキスト代: \5,000 消費税含む(脳波全コース共通)

脳波全コース共通テキスト

 

「最新脳波標準テキスト」 第5版 

2015年5月発行」 5,000円(消費税含む)

同時に複数コースにお申し込みされた場合以外で、
テキストをお持ちの場合は、
お申し込みの際にその旨お申し出ください。

時間  各会場とも   10:00〜17:00
    ※昼食をご用意します。

日程と会場は→こちら