脳波の基礎 1日セミナー

 日程と会場は→こちら
このコースは、東京、関西(大阪、京都)以外の各地で開催します。

“脳”が注目される時代。
     脳波でしか分からないことがある。脳波では分からないこともある・・・

脳波測定の常識?を再チェック・・・
よりよい脳波測定をするために

テーマ別に「脳波の常識]を再チェック。脳波計測の疑問に答えます。
いつも通りにとっている脳波「それでいいのか?」をテーマに、多くの人が慣例的に行っている方法を再チェックし、よりよい脳波の取り方を再確認します。

脳波はなにを表すか。正常な波形とは?。脳波の誤解に答えます。

脳波の本質はなにか?。なにを表しているのか?。こうした基本事項については、日常あまり考えずにルーチンの検査をしている場合も多く、脳波はとるだけという技師さんも少なくありません。脳波の意味をしっかり理解すると、その見方が変わり、ひと味違った記録ができ、ある程度の判読も可能になります。
また、昨年来話題になった『ゲーム脳』など、臨床以外の場では脳波の誤解に基づいた議論がされる傾向もありますが、こうした誤った認識をただし、正確な脳波の知識を解説します。

検査技師はもちろん、研究職、脳波に興味のある方すべてにご参加いだけます。

対象とする方

・脳波検査を行う臨床技師。脳波に興味をもつ、コ・メディカル、研究者など、脳波に興味のある方ならどなたでも。

主な研修内容

1)基準電極は耳朶が最適か?
 ・頭皮上に表れる電位とは
 ・耳朶基準の問題点
 ・α波の正しい分布とは
 ・耳朶以外の基準の取り方

2)α波は大きいほどいいのか?
  ・α波とはなにか、β波とはなにか
  ・シナプス後電位の集合とは
   ・正常脳波と非突発性異常脳波
  ・てんかんと突発性異常脳波

3)それは本当に脳波か?
  ・脳波の最大の敵はアーチファクト
   ・脳波と区別できない眼球運動と筋電図
 

※測定実習は行いません。
※テキストは本セミナーのためのオリジナルテキストです(最新脳波標準テキストは使用しません)。
※都合により内容の一部を変更することがあります。

時 間: 10:00〜17:00 (名古屋会場のみ、9:30〜16:30)

講 師: 岡田保紀(メディカルシステム研修所・所長)

受講料: 10,800円 (10,000円+消費税800円、テキスト代含む)

日程と会場は→こちら